柚葉通言

考えにくいことを考えるブログ

評論

むすびにかえて──「国家」と云う「宗教」⑪

とらわれるな。要するにこれだけなんです。俺が色々と喋ってきた結論と云うのは。 で、もう一寸宗教的な物言いをするなら、「執着するな」と云うことになります。しかるにこれは、あえて宗教的な物言いをしただけのことで、意味は一緒です。後者の方がよりし…

三島由紀夫の「行動」──「国家」と云う「宗教」⑩

文化防衛論 (ちくま文庫) 作者: 三島由紀夫 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2006/11/01 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (31件) を見る いや、みなさんお久しぶりです。前回はとんだことになりまして、まことに申し訳ござ…

三島由紀夫の骨法──「国家」と云う「宗教」⑨──

天人五衰―豊饒の海・第四巻 (新潮文庫) 作者: 三島由紀夫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1977/12/02 メディア: ペーパーバック 購入: 6人 クリック: 59回 この商品を含むブログ (103件) を見る 今日はけっきょく、三島の話で終わりそうです。それだけ三島…

三島的な、余りに三島的な──「国家」と云う「宗教」⑧──

笹まくら (新潮文庫) 作者: 丸谷才一 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1974/08/01 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 29回 この商品を含むブログ (55件) を見る で、引き続き三島由紀夫について喋ります。しかしこの人、さすがに尻尾を見せない。いや、じ…

中上健次について──「国家」と云う「宗教」⑦──

仮面の告白 (新潮文庫) 作者: 三島由紀夫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/06 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 190回 この商品を含むブログ (208件) を見る 70年代とか80年代とか、「他者の他者性」と云うようなことがよく言われた時期がありまし…

「国家」の役割──「国家」と云う「宗教」⑤──

俺の小学生の頃からの親友である住友シゲルくんと毎週金曜日にツイキャスを配信しています。「学校教育」についての議論です。かれこれ二ヶ月くらい続けているのではないでしょうか。しかしいい加減に一寸マンネリしてきた。それは一応の決着がついてしまっ…

物語について──「国家」と云う「宗教」④──

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2017/07/26 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (14件) を見る こうしてみなさんの前でお話させて頂くのも今回で三回目になります。過去二回、なかなかデリケートなと…

RADWIMPS論──「国家」と云う「宗教」③ ──

RADWIMPS4~おかずのごはん~ アーティスト: RADWIMPS,野田洋次郎 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン 発売日: 2006/12/06 メディア: CD 購入: 5人 クリック: 399回 この商品を含むブログ (511件) を見る さて、本題に戻りましょう。本題とは何か。RA…

洗礼について──「国家」と云う「宗教」②──

どうにもややこしい問題になってまいりました。まァ問題と云うのはややこしいから問題なのであって、「ややこしい問題」なんてのは重複表現であり、突き詰めて考えれば、ある種の語義矛盾とさえ言える。ですが、その矛盾こそが今回の問題のややこしさを体現…

RADWIMPS『HINOMARU』について──「国家」と云う「宗教」──

HINOMARU アーティスト: RADWIMPS 出版社/メーカー: UNIVERSAL MUSIC LLC 発売日: 2018/06/06 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る RADWIMPSの『HINOMARU』を聴いた。「日本国旗は古(いにしえ)からはためいてはいないだろ」とか、「文語…

弍杏『文中の( )にあてはまる文字を入れなさい』について──弍杏論①──

文中の( )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書) 作者: 弍杏 出版社/メーカー: 隙間社 発売日: 2015/09/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 弍杏さんと言えば、「隙間社のアヴァンギャルドなほう」と相場が決まっている。しか…

菊池公『星の踊り子』について

星の踊り子 作者: 菊池 公 出版社/メーカー: 菊池公文庫 発売日: 2018/04/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る あとがきが、好い。曰く、 一年経って、続編を書くというのは至難の業だった。前作をあまり覚えていないし、どこで終わったのかも…

月狂四郎『悪人の系譜』について

悪人の系譜 作者: 月狂四郎 出版社/メーカー: ルナティック文藝社 発売日: 2015/12/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 月狂四郎さんには、最後の無頼派と言った趣がある。(別名義であるが)『入間失格』と云う太宰を模した小説もあるし、「と…

伊藤なむあひ『49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯』について

49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯 (隙間社電書) 作者: 伊藤なむあひ 出版社/メーカー: 隙間社 発売日: 2017/09/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 伊藤なむあひさんは真面目な人だ。あるいは、真面目すぎると言っても好い。本作『4…

文章について

よく俺は珈琲を飲むが、珈琲は濃ければ濃いほど好いと思っている。俺が好むのは専らヨーロピアンスタイルである。その理由は単純で、味がよく判るからである。それに対してアメリカンコーヒーは、なんだか味のふにゃけている感じがする。水の味と珈琲豆の味…

初瀬明生『止まない霧』について

止まない霧 作者: 初瀬明生 出版社/メーカー: 初瀬明生 発売日: 2014/06/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る A どういう風の吹き回しか、最近キミは本の批評をよくするね。 B 読むと云う行為の向こうには、忘れると云う端倪すべからざる未来…

ヤマダマコト『魚(いよ)』について

魚(いよ) (新潟文楽工房) 作者: ヤマダマコト 出版社/メーカー: 新潟文楽工房 発売日: 2017/11/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 魚と書いて「いよ」と読むらしい。本文に依れば、 「ウオが訛ってイヨとかエヨになったんだろうばね。」 …

杜昌彦『悪魔とドライヴ』について

悪魔とドライヴ 作者: 杜昌彦 出版社/メーカー: 人格OverDrive 発売日: 2018/03/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 実は俺の随筆の中で『悪魔とドライヴ』の名を出すのは初めてではない。小林アヲイさんの『無責任姉妹』を遡上に乗せたとき…

小林アヲイ『無責任姉妹』について

学園コメディ無責任姉妹: 超特盛マックスエディション 作者: 小林アヲイ 出版社/メーカー: さくらノベルス 発売日: 2018/03/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る まったく、厭になるね。(先生、どうなさったのですか) 最近、またボチボチ本が…

水谷陽樹『人生自由形』について

大学時代の同期である水谷陽樹くんが小説投稿サイト「カクヨム」で小説を発表した。『人生自由形』(https://kakuyomu.jp/works/1177354054885852268)と云うタイトルのものだ。原稿用紙換算で40枚くらいのもので、書き上がったのは既に1年半以上昔。それから…

島田紳助について④

クイズ!ヘキサゴン? 2010合宿スペシャル [DVD] 作者: オムニバス 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2011/06/01 メディア: DVD 購入: 2人 クリック: 28回 この商品を含むブログ (4件) を見る やァ、どうしたの、まだ早い時間じゃない。自主的にゴ…

島田紳助について③

紳竜の研究 [DVD] 出版社/メーカー: よしもとミュージックエンタテインメント 発売日: 2007/05/30 メディア: DVD 購入: 28人 クリック: 370回 この商品を含むブログ (40件) を見る オウ、また会ったね。こうもよく会うとは、避けられているわけではないみた…

島田紳助について②

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス) 作者: 島田紳助 出版社/メーカー: ワニブックス 発売日: 2009/09/01 メディア: 単行本 購入: 11人 クリック: 259回 この商品を含むブログ (50件) を見る 小心者、と云う言葉が出た。これは、俺の口をついて出た言葉で…

島田紳助について①

いつも心に紳助を 作者: 島田紳助 出版社/メーカー: 毎日新聞社 発売日: 1994/12 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る 紳助さんの話をしようかな。そうそう、島田紳助。……まァそんな顔しなさんな。つまらん話はしま…

永遠の学校としての『めちゃイケ』

矢部 みんな若い頃からやってきたから、『めちゃイケ』が「学校」で飛鳥さんが「先生」ってよく言ってたけど、僕は一人だけポジションが違って、演者だけどなかなかの制作スタッフ寄りだから(笑) https://www.oricon.co.jp/special/50908/ 『めちゃイケ』…

開高健について

花終る闇 (新潮文庫) 作者: 開高健 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1993/03 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブログ (4件) を見る デビュー直後は、戦後の小説家らしく、一寸政治色の強い短編を幾つか書いて、大江健三郎のライバルと目された…

『騎士団長殺し』について

騎士団長殺し 単行本 第1部2部セット メディア: セット買い この商品を含むブログを見る わりに村上春樹が好きである。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』や『ねじまき鳥クロニクル』は、夢中になって読んだ。だから今回の『騎士団長殺し』も、…

森鷗外について

森鴎外全集〈14〉歴史其儘と歴史離れ (ちくま文庫) 作者: 森鴎外 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1996/08/22 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 4回 この商品を含むブログ (3件) を見る なんと言っても、俺が日本一尊敬する小説家である。石川淳が編集…

おもちゃに於ける「思い込み」

トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 発売日: 2016/03/02 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る 以前に一度、俺が『トイ・ストーリー』を好きであ…

芥川龍之介について

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫) 作者: 芥川龍之介 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1968/11/19 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 67回 この商品を含むブログ (131件) を見る 泣く子も黙る国民的小説家である。夭折したということもあり、どの辺の小説家に…